Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/content/99/6083699/html/news/index.php:3) in /home/content/99/6083699/html/news/wp-content/plugins/si-contact-form/wp-session/class-wp-session.php on line 92
USAメディア情報 » 2003 » 12月

» 2003 » 12月のブログ記事

バックナンバー2

2003年12月2日発行 Look into LA! LAを覗いて見たい方へ。

今までメルマ、マグマグに出版していたバックナンバーを投稿しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Look into LA!
日本にいながらにして、ロスを覗いてみませんか? 日々の生活での生体験、
今はやりのテレビや映画など、特にテーマは絞らずLAからエッセイを配信!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2003年12月2日発行(VOL.2)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

▼インデックス▼
【1】人生いろいろ(ザ・フラッシュバック!:回想)
【2】タイムリーな話題:Thanksgiving (感謝祭)
【3】あとがき

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】◆◇人生いろいろ(ザ・フラッシュバック!:回想◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちょうどあれから一年になります。今でも忘れないどしゃ降りの夜。
一年を通じてロスはあまり雨が降らないのですが、その日はかなりの降雨量でした。

普段雨が降らないので、私を含め雨の時の正しい運転の仕方を心得ている人は少ない
ようです。その証拠に今でも雨にもかかわらずガンガンと猛スピードを上げて走って
いる車をたくさん見かけます。

きっとそういう人たちは私のように怖い目に会ってないので無謀にもそのような
運転が出来るのだと思います。

2002年11月8日の午前0時50分、私は仕事の帰りにフリーウェイ405を南に運転して
いました。ワイパーを使っても視界がかなり悪くって、かなりの雨だったのを記憶
しています。

Getty Center/Mulhollandのちょうど下りのカーブにさしかかった所で、
少し速度を下げて、ゆっくりと走行しようとしました。
それで一番遅く走る右端の走行車線(日本と全く逆ですね。)に移ろうとした時、
突然車のハンドルを取られてしまい、車が左右に蛇行し始めたのです。
たまっていた水溜りでハイドロプレーン(水上滑走)状態を起こしたようです。

もっと速度を落とそうと急ブレーキをかけたのが最悪の状態を引き起こして
しまいました。全くコントロールを失っってしまったのです。右へ、左へと行った後、
もう一度右に曲がってフリーウェイの入り口との間にある中央分離帯に突き当たり、
車はあっという間に一回転して逆さまの状態になってしまいました。その瞬間、
私はもう駄目だと思ったのです。

車はひっくり返った状態でその中央分離帯に止まりました。特に打撲をした覚えも無く
一瞬どうなったのか分かりませんでしたが、真っ先に車の外に出ることを考えました。
幸いに、運転席の方が上向きになった状態でしたので、簡単にドアが開き外に出ること
が出来ました。それに全く怪我一つしていなかったのです。
これが逆だったら私はこの世に存在していなかったかもしれないと思うと今でも
ぞっとします。

幸いにも時間が時間だけに走っていた車が少なく、自分の車だけが大破したのです。
ショックで足がぐらぐらしてちゃんと立てませんでしたが、高速ランプから入って
来る車に向かって助けを求めていました。

幸いにも直ぐにAAA(日本のJAFのようなもの)の車が来てくれて手際よく助けて
くれました。ポリスにも連絡してくれ、お巡りさんが来るまでAAAの車の中で待つ
ことになりました。

今考えてみると、雨の日は事故が多いのを見越して、AAAの人達は事故が無いか巡回
していたのです。というのも、彼らは請負いで仕事が発生していくらの世界で働いて
いるので、事故などが少しでも多くあると自分達の稼ぎになるからなのです。

それでも私にとってはあの時助けてくれた、AAAの黒人のデリルさんは天使のような
存在でした。

彼はお巡りさんが来るまで、一緒に待ってくれていました。私はその間、
自分は大丈夫かどうかを聞きました。だって,車が一回転するなんて全く経験したこと
も無かったからです。彼は、十数年同じような事故を見てるけど、
私は大丈夫だと言ってくれていました。

おそらく待つこと10分ぐらいでポリスが来ました。私の車の中にあったバッグを
取らせてもらい、それから今度はパトカーの後ろの座席に座りました。
いろいろと事情調査されて、2人のお巡りさん達は事故現場の検査をしていました。

残念ながら、助けてくれたAAAの車は大破した私の車を引き上げる機材を持って
いなかったのでその場から去ってしまいました。その代わりに別の牽引車が来ると
の事でその車を待っている状態でした。お巡りさんに聞いても私は大丈夫だと
言われました。また、自分の車以外物を毀損したわけではないので特に罰金は
徴収されないと聞いて少し安心している次第でした。

その時までは,自分の車を家まで持って帰り、その後でまだ使い物になるかを考えようと思っていたのでした。

ところが、約1時間後に今度は救急車がやってきて自体が一変。
誰が呼んだのか良く分からないのですが、なんかかってにやって来たといった感じです。

で、大丈夫かと聞かれたので、一応本当のことを答えました。

頭の後ろを少しぶつけたような気がすると。

この一言で、自体が急変しました。

動くなと言われ、むち打ち症の時に使うコーラ-を首の周りにはめられ、
救急車に担ぎ込まれたのです。逆にそのコーラ-のせいでそれまで何とも無かったのに、
私は急に気分が悪くなってしまいました。

そして、テレビドラマでもお馴染みのER(救急治療室)に連れて行かれたのです。
UCLAのERが一番近かったので、そこで治療を受ける事になりました。
といっても怪我をしている訳でもなく、ただ血圧を測られて安静にしているようにと
言われ、家に帰ることも出来ずに夜を明かしただけでした。

その間、隣のベッドにひきつけを起こしている女性が担ぎ込まれ、お巡りさんが来て
事情聴取しているし緊迫した雰囲気が漂っていました。
ま、これはかなり貴重な経験だったと思うのですが。

次の日から、過酷な現実が待っていました。

まず車が何処に牽引されたかを突き止め,取りに行かなければなりません。
でもどう見ても大破で、運転できる状態ではないので結局くずやさんに引き取って
もらいました。それでも、一日以上放置していたというので、
およそ200ドル程手数料を取られました。

その後日談ですが、次から次へと請求書が来るのです。
まず、医療費が500ドルぐらい。ERの部屋代とやらが、500ドルぐらい。
そして、救急車まで500ドルぐらい請求されました。もし保険に入っていなかったら
どうなっていたかと思うと、保険の有り難さをひしひしと感じました。

○レッスンその1:
雨の日は、真中を走りましょう。両端の車両は少し低くなっていて水はけが
できるようにフリーウェイは作られています。そして雨の日に車が走る事で油も
一緒に流れるのでスリップしやすい状態になるのです。

○レッスンその2:
たとえフリーウェイで後ろの車があおってきても、とにかくマイペースで速度を
40から50マイルで走りましょう。(勿論かなり大雨の時ですが。)

○レッスンその3:
やはり車両保険には加入しておきましょう。私もこの後買った中古の車にはちゃんと
車にも保険をかけました。事故にあった車そのものには保険をかけていなかったからです。

事故のすぐ後はさすがに車の運転が怖くってスピードも出せませんでした。
一年後の今でも、かなり注意して運転するようになったかと自分では思うのですが。
首の調子が少し優れず、針灸にずっと通っています。それでも,怪我一つせず結構
元気だったので女ターミネーターと呼ばれてしまいました。

アメリカにせよ、日本にせよ,事故にはくれぐれも気をつけましょうね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇最後までお読みいただき、有難うございます◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■配信の中止・配信先変更については、下記のページよりお願いします。

▼まぐまぐ□□http://www.mag2.com/m/0000119133.htm

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
Smile Communications
Look into LA! (メルマガID:0000119133)
http://archive.mag2.com/0000119133/index.html
人生は予測がつかないもの。だから面白い。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

バックナンバー2

2003年12月2日発行 Look into LA! LAを覗いて見たい方へ。

今までメルマ、マグマグに出版していたバックナンバーを投稿しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Look into LA!
日本にいながらにして、ロスを覗いてみませんか? 日々の生活での生体験、
今はやりのテレビや映画など、特にテーマは絞らずLAからエッセイを配信!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2003年12月2日発行(VOL.2)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

▼インデックス▼
【1】人生いろいろ(ザ・フラッシュバック!:回想)
【2】タイムリーな話題:Thanksgiving (感謝祭)
【3】あとがき

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】◆◇タイムリーな話題:サンクスギビング◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月27日(第4木曜日)はThanksgiving(感謝祭)でした。
私達外国人にとっては、おいしい物をたらふく食べる日というとすごく簡単でしょうか?

アメリカの中でも三大ホリデーの一つです。この一ヶ月後のクリスマスと並んで、
家族が集まるホリデーです。日本の様にお正月を大々的にお祝いしないので、
日本のお正月代わりといってもいいかもしれません。

遠くにいる家族が集まって、お互いに感謝しあうのです。

私には家族はいませんが、ロスから車で約4時間程のフレズノに一年間お世話になった
ホストファミリーがいます。

いつでも暖かく迎えてくれる私の第2のファミリーです。ロスに来てからも何度か
ここのサンクスギビングにお邪魔しました。最近2年ぐらいはご無沙汰していたのです
が、今年はフレズノでサンクスギビングを迎える事にしました。

この日の前日がアメリカの帰国ラッシュ。道路も空も家族に会いに行く人たちで
溢れています。私も405を北に、ルート5、99,そして41と車を運転したのですが、
ロス近郊の405は全く動かない状態でした。これは日本の渋滞と同じ状態です。
そしてその週末の土曜日、日曜日が帰省ラッシュで又混むのです。

私のホストファミリー(サイミス家)のピートさんとキャロラインさんには子供が
いません。

只,ピートさんは再婚で、成人した娘さんと息子さんがいます。皆のはっきりとした
年齢は知りませんが、孫がいてその子がもうティーンエージャーになっています。
彼は、フレズノ・カリフォルニア州立大学のビジネスの教授です。

キャロラインさんは初婚で50代前半。彼女も彼と同じ大学の農学部で働いています。
子供はいませんが、兄弟がたくさんいるメキシコ人系アメリカ人です。

そこで,サンクスギビングはまず彼らの家でピートさんの家族とランチを食べ,
夕食はキャロラインさんの兄弟一家が集まってサンクスギビングを過ごすといった
パターンです。ですからダブルでおいしい物を食べるのでいつも食べすぎて後で
後悔しています。

その日の朝は、早くからピートさんの娘さんのシャーリーとその息子のロス、
それに息子さんのスティーブがやってきて、皆でランチの準備をしました。

メインは、ターキー(七面鳥)とハム、それにその中につめるスタッフィングという
ディッシュがあります。それ以外にもサラダや、マシュポテト、グレイビーに
パンプキンパイなど等,おそらく家族によっても多少の差があるかと思います。

ランチの食卓では食事の前に一人一人が感謝のコメントをするのです。
今までの人生や家族に関してそれぞれが有難うと述べていくのです。

彼らはいつも朗らかで、今年のサンクスギビングも彼らのおかけでとてもいい休日になりました。

そしてサンクスギビング後のお決まりの話題がダイエットとバーゲンです。

━━━━━━━━━━━━
【3】◆◇あとがき◆◇
━━━━━━━━━━━━

まだメルマガの書き方がつかめてなくって、何かやたら長くなってしまいました。
読みづらくなければいいのですが。少しずつ、読みやすいように工夫していきます。
これからも不定期ですが、月に一度の割合で、ロスからこのような生の声をお届けして
いきます。Look into LA! どうぞよろしく御願致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇最後までお読みいただき、有難うございます◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■配信の中止・配信先変更については、下記のページよりお願いします。

▼まぐまぐ□□http://www.mag2.com/m/0000119133.htm

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
Smile Communications
Look into LA! (メルマガID:0000119133)
http://archive.mag2.com/0000119133/index.html
人生は予測がつかないもの。だから面白い。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

只今の時刻

ロサンゼルス時間:


日本時間:

カテゴリー

ソーシャルサイト

スマイルメディアUSA on Twitter.com
スマイルメディアUSA on Facebook.com

ショッピング

アーカイブ

Calendar

2003年12月
« 10月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
USAメディア情報. All Rights Reserved.  •  Entries (RSS)  •  Comments (RSS)
Google ジャパン | Wikipedia 日本語版 | Yahoo! ジャパン | Bing ジャパン