Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/content/99/6083699/html/news/index.php:5) in /home/content/99/6083699/html/news/wp-content/plugins/si-contact-form/wp-session/class-wp-session.php on line 92
USAメディア情報 » Blog Archive » 警官が一般女性2名を誤射。 カリフォルニア州ロサンゼルス郡トーランス市

PHOTOS: Manhunt for ex-LAPD officer

カリフォルニア州ロサンゼルス郡トーランス市

本日2月7日木曜日早朝午前5時454分ごろ、トーランス市のFlagler Lane とBeryl Streetで、2名の一般女性が警官に射撃される事件が発生。


この女性たちは、朝刊の新聞配達の女性で、一人は背中をもう一人は手を警官のピストルで撃たれた。
たまたま私は、この事件が発生した当日この近くを通り、アメリカの地元のメディアがこの事件の模様を報道している現場に遭遇。
通常は、ごく普通の一般道路で、まさかここでそんな事件が起こったなど思いもつかなかった。上記の写真はロサンゼルスタイム誌からの抜粋だが以下、ちょうど警官の事後調査が行われている現場を撮影したものを紹介する。

media-cars6

そもそもこの事件は、ロサンゼルス郊外のリバーサイド市で元警官が同僚の警官をはじめを殺害し、オレンジカウンティでもカップルを殺害し、容疑者を捜索中に起こった事件。この容疑者が乗っていたブルーのピックアップ・カーとよく似た車に一般市民の女性が乗っていたようで、容疑者と間違えて誤って市民に向かって発布した模様。

このような事件は決して起こってはいけないのだが、アメリカの場合残念ながら、結構頻繁に起こっていると言える。

日本では殺傷事件などが起こるだろうが、アメリカの場合、この手の場合は必ずピストルが絡んでくる。そのため、警官も自分の身を守るために、簡単に発砲するのだ。ラッキーなことに私はそのような怖い眼には有っていないが、ピストルの発砲事件などに出くわしたという話を普通の友達などから聞いたことが何度もある。


media-carsmedia-cars2media-cars3media-cars4media-cars5
media-cars7







at Flagler Lane and Beryl Street in Torrance

警官が一般女性2名を誤射

Women delivering newspapers in Torrance shot in manhunt for ex-cop

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

只今の時刻

ロサンゼルス時間:


日本時間:

カテゴリー

ソーシャルサイト

スマイルメディアUSA on Twitter.com
スマイルメディアUSA on Facebook.com

ショッピング

アーカイブ

Calendar

2019年10月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
USAメディア情報. All Rights Reserved.  •  Entries (RSS)  •  Comments (RSS)
Google ジャパン | Wikipedia 日本語版 | Yahoo! ジャパン | Bing ジャパン
hello