Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/content/99/6083699/html/news/index.php:3) in /home/content/99/6083699/html/news/wp-content/plugins/si-contact-form/wp-session/class-wp-session.php on line 92
USAメディア情報 » Blog Archive » 空中に飛行物体現る?- コロラド州

balloon-boy-cnn
CNNからの速報が入った。
空中に飛行物体ならぬ、一般人が制作したヘリウム製の気球が数時間に渡りコロラド州空中に浮かび、世間を騒がせた。
気球は、20フィート以上の高さにはあがらないはずだったが、かなりの高さ(約2000メートル)まで飛んでいってしまった。まるで「オズの魔法使い」のようだ。
というのも、6歳の少年がその気球に誤って乗ってしまったというもの。
速報ニュースでアメリカ中にこのニュースが突然流れた。
それまで、オバマ大統領の医療に関しての討議のニュースが流れていたのがCNNをはじめ一斉にニュース局は、この少年の安堵を願う速報となった。

専門家によると、日が落ちてくると、自然に空力が減るので、地上に降りるだろうという事。
数時間の末、やっと地上に戻ってきた気球。
警察をはじめ、関係者達は少年の無事を願った。

だが!

少年は、この気球には乗っていなかった。
という事は、各局のニュース報道者達は、無人の気球を必死に追っていたのだ。

結局、少年はどういうわけか一家の車庫の屋根裏にじっと身を潜め隠れていたようで
無事に保護された。
やれやれ。お騒がせな話だ。

実は、この家族奥さんがMAYUMIさんという日本人女性で、だんなさんは超ハイパーな、自称発明家で科学者で竜巻研究家。
ストーム(嵐)を追っては、なぜかロケットを上げる始末。
先日、たまたま、「Wife Swap」という奥さんを2週間交換するという番組を見たら
この夫婦が登場していた。

ヤラセでこんな事をやったのではという人もでる始末だが、それはどうもそうではないらしい。
でも、結果はハーフのファルコン少年が無事でよかったといえるのでしょうね。

Family describes fear, elation over balloon saga. http://bit.ly/2m6XcH
Also watch: Was ‘balloon boy’ a publicity stunt? http://bit.ly/33H9Gi
CNN.com/entertainment:Lifetime pulls balloon boy’s ‘Wife Swap’ episode from schedule:  http://bit.ly/34mPPs

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

このニュースは日本にもすぐに報道されたようですが、
その後の経緯もおそらくもう既にご存知ですよね。

結局、これはバルーンボーイ家族のでっち上げ。
奥さんのまゆみさんも下手をすると日本に強制送還の可能性もあるらしいという
事でした。
でも、今年一年を振り返って、ビッグニュースの中で
バルーンボーイ(気球に乗った少年!?)という名前で
有名になっています。

Comment feed

コメントする

只今の時刻

ロサンゼルス時間:


日本時間:

カテゴリー

ソーシャルサイト

スマイルメディアUSA on Twitter.com
スマイルメディアUSA on Facebook.com

ショッピング

アーカイブ

Calendar

2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
USAメディア情報. All Rights Reserved.  •  Entries (RSS)  •  Comments (RSS)
Google ジャパン | Wikipedia 日本語版 | Yahoo! ジャパン | Bing ジャパン