Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/content/99/6083699/html/news/index.php:3) in /home/content/99/6083699/html/news/wp-content/plugins/si-contact-form/wp-session/class-wp-session.php on line 92
USAメディア情報 » 環境情報ブログ

» 環境情報ブログのブログ記事

世界大海洋生態系が温暖化で、漁業の捕獲体制が変容。
米国海洋大気庁(NOAA)の科学者ら、国連報告書に貢献

2009年5月20日付け

米国海洋大気庁(NOAA)の寄与で、新国連報告書が発表され、大陸に隣接した大海岸太平洋水の世界の64箇所の大海洋生態系のうち61箇所がここ25年間で海表面温度が非常に上昇し、ある領域では漁業の捕獲が減少し、逆に増えている場所もある事が明らかになった。

温暖化水域により、動物プランクトンの増加、不可欠な魚肉の増加により、ノルウェー海、フェロー諸島高原や、アイスランド大陸棚を含む数箇所の北大西洋の大海洋生態系での捕獲は増加している。

しかし、捕獲は、北海、ケルト海ビスケー湾大陸棚や、イベリア半島海岸などのヨーロッパの大海洋生態系では減少の一途だと、国連環境プログラムの報告書、「国連環境プログラム(UNEP)大海洋生態系報告書:世界地域の海岸での大海洋生態系の変化状況の見通し」で発表。

ケネス・シャーマンNOAAのLME部長は、「大半の大海洋生態系は、2カ国以上で共有され、持続可能な管理を推進するよう地域協力の必要性を強調。上昇する海表面温度をさらに強調し、多数の海洋漁業がおこなわれ、捕獲される場所、持続可能な大海洋生態系の管理の為には、国家協力が重要だ。」と強調。

報告書によると、大海洋生態系の世界漁業資源の 70 %が過剰に利用され、食料としての魚の入手が減少し、特に、魚が重要なプロテイン資源となるアフリカ、アジア、ラテン・アメリカ等の海岸での大海洋生態系は深刻になっている。

国内資源報告書の最新の状態によると、管理されている国内資源の約23%だけが乱獲される米国の傾向と明らかに対象になっている。2010年まで全国内資源の乱獲の削減を必要とする米国連邦法は、米国が持続可能なレベルに使い果たされた資源の再建への促進となる。

また、国連の報告書では、前例がない量の沿岸水域に排出されている窒素(ナイトロジェン)が有害な青粉、酸素欠乏事象や、不感帯の頻度と範囲を引き起こしていると発表。青粉中で、小さいプランクトンは多量の利用可能な溶解酸素を消費し、海底に沈下し、魚介類が生存に必要な酸素を奪う。

「撮影が調節するLMEの悪化状況を復活させる試みには時間がかかり、十分に集中し、創造的な政策と基金が必要となる。」と、報告書を発表した政府機関のアチム・スタイナーUNEPの国連一般次官兼専務は叙述。

報告書では、北東の大西洋と地中海(バルティック海、北海と黒海LME)、北西の太平洋の東アジア沖(東シナ海と日本海/東海のLME)、また北西の大西洋(ニューファンドランドラブラドル海大陸棚 LME)の最も急速な海表面温度増加を記録した。

カリフォルニア州海流LMEとフンボルト海流LME(チリとペルー沖)はこの温暖化に関しては顕著な例外といえる。 共に東太平洋の栄養豊富な冷水の不変の湧昇域にある。 ほぼ常時氷で覆われている為、北氷洋LMEはこの分析からは除外。

只今の時刻

ロサンゼルス時間:


日本時間:

カテゴリー

ソーシャルサイト

スマイルメディアUSA on Twitter.com
スマイルメディアUSA on Facebook.com

ショッピング

アーカイブ

Calendar

2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
USAメディア情報. All Rights Reserved.  •  Entries (RSS)  •  Comments (RSS)
Google ジャパン | Wikipedia 日本語版 | Yahoo! ジャパン | Bing ジャパン